愛犬と娘との日常をのんびりと綴ってゆきます
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わんこの本①
2008年09月30日 (火) | 編集 |
今日は、私が読んで良かったと思うわんこの本を紹介させて頂こうと思います。
(紹介です)

DSC01810_convert_20080930204312.jpg

やはり、最初にこの本を紹介しなくては。
著者の三浦健太さんは、ドッグライフカウンセラーの資格を作った方です。
犬のことをとても深く学ばれています。人間の心理学にも詳しく、カウンセラーとして「一緒に聞く」ということを大切にされています。
お会いしても、とても気さくで、でも情熱的な方だなぁと感じました。犬が大好きなんだなぁと。
この本は、しつけの本というよりは、「犬の心を理解する」というテーマで書かれていると思います。
とても感銘を受けた本です。


DSC01807_convert_20080930204118.jpg

同じく、三浦健太さんの本です。上記のものより、すらすらと読み進められます。
よくある飼主さんの行動について、質問形式で書かれてあります。
「一番の解決方法は、飼主自身が変わること」。そのとおりなのかもしれません。
う~ん、難しい。


DSC01804_convert_20080930203752.jpg

タイトルに惹かれ、購入してしまいました。(笑)
著書のシーザーミランさんは、アメリカの人気TV番組で活躍している犬のトレーナーです。
理論ではなく、犬の本来の生活に基づいて書かれています。
毎日40頭ほどの保護犬と一緒に山野をノーリードで散歩する写真にはびっくり仰天です。
どの犬も、いわゆる「問題犬」なのですから。
アメリカと日本という国の違いは感じました。あちらは圧倒的に大型犬が多いですものね。
でも、犬を理解するという点では、とても刺激を受けました。
毎日の散歩がいかに大切なのかということを実感しました。


DSC01816_convert_20080930204459.jpg

いわゆる、犬の「カーミングシグナル」について知りたくて購入しました。
犬の動作から、とても細かい観察がされています。
図解の犬のさまざまな表情を見るだけでも、とても勉強になります。
ただ、吠える・唸るだけでも、犬が私たちに伝えていることばがたくさんあります。
表情や動作から、少しでも気持ちを理解することが出来たら、我が家のわんこたちにも何か変化があるかもしれません。
とても読み応えのある本です。




DSC01805_convert_20080930203908.jpg

動物管理センターの犬たちの姿を収めた本です。
なぜ、こんなにもかわいらしい犬たちが、致死処分にならなくてはいけないのか。
持ち込まれる犬の7割ほどが飼主によるもの、残りが迷い犬・野犬などだそうです。
いろんな理由があるのでしょう。引越しなどで飼えなくなったり、子犬が産まれてしまったり、それから、手がつけられなくなって飼育を放棄されたり・・・。
でも、わんこたちは、最後まで飼主さんの側にいたかったはずです。
「本書で紹介した犬たちは、今はもういません。すべて天使になりました」と締めくくられています。
涙がとまらなくなりました。何か出来ることがないかと思わずにはいられません。



いろいろと勉強しなくてはと思ったのは、もちろん、我が家の2匹の問題児たちのおかげです。(笑)
大人しくていい子だったら、特に何も思わなかったでしょう。
そういう意味では、ありがたいことなのかもしれません。
これからも少しづつ犬本を紹介させて頂けたらなぁと思います。




DSC00414_convert_20080930203508.jpg

今日のJOY写真。
子犬のときのものです。

DSC00415_convert_20080930203632.jpg

だれかお嫁さんに来てくださ~い!いつでも募集中です。(笑)


DSC01834_convert_20080930204637.jpg

今日のルナです。
ドレス着せてみました。う~ん、ちょっと辛いかな。


DSC01836_convert_20080930204756.jpg

う~ん、やっぱり辛い・・。同じく、お嫁さん募集してま~す!(笑)




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。